Find!三春

桜と歴史と文化の城下町
外国語への対応について
三春まちづくり公社
miharuブログ

平成31年 希望の一文字は『遇』

更新日: 2019.01.21

平成31年 希望の一文字は『遇』

 「遇」とは思いがけずめぐり会うことだが、相手は好ましいものや名君など、好運な出会いである。反対の場合は「遭」を用い、合わせて「遭遇」という。夢から醒めた誰かは、きっと素晴らしい相手に出逢ったのだろう。
 人の出逢いは探しているものに左右される。人の欠点を探せば必ず見つかるし、美点を探せば美点が見つかる。どちらを探すつもりかで、人生の出逢いは大きく変化するのではないだろうか。
 「希望の一文字」も今年は10年目、しかも「亥年」。全ての可能性を含んだ「核(種)」に戻る時節だ。人生を左右する大きな出逢いがきっとあるはずである。

玄侑 宗久


*歴代の「希望の一文字」*

●平成22年『』・平成23年『』・平成24年『』・平成25年『』・平成26年『』・平成27年『』・平成28年『
⇒続けると、「発根興地破竹生」(根を発し、地を興す破竹の生)という七言絶句が完成します。

●平成29年『』・平成30年『』・平成31年『
⇒続けると、「夢醒遇」で始まる七言絶句が新たに始まります。残りの4文字は、どのように続くのでしょうか。




Recent Entry最新の記事

Recomendedもっと三春が好きになる!観光お役立ち情報