Find!三春

桜と歴史と文化の城下町
外国語への対応について
三春まちづくり公社
観る・体験する

三春桜ポスター完成! 写真:水越武氏 題字:玄侑宗久氏

三春の新しい「三春桜ポスター」ができました!
みはるのあたらしい「みはるさくらぽすたー」ができました!
更新日: 2018.02.26


この度、(株)三春まちづくり公社で三春の観光ポスターを3種、制作しました。

新しいポスターのために、写真家の水越武氏に撮影をしていただき、また各ポスターの題字を玄侑宗久氏に揮毫していただきました。上の画像のように、三春の桜を景色を美しく彩ったポスターに仕上がりました。

また、同じ画像でクリアファイルの作成しています。

ポスター/クリアファイルをご希望の方には、実費にて頒布いたします。

お問合せは、(株)三春まちづくり公社 観光部 (TEL:0247-62-3690)まで。


○ポスター B2サイズ

○クリアファイル A4サイズ


写 真:水越 武氏 

プロフィール
 1938年愛知県豊橋市生まれ。現在、北海道川上郡弟子屈町在住。27歳で田淵行男に師事し、写真を始める。その後フリーの写真家として、穂高など日本の山岳、日本列島の原生林、ヒマラヤ、北米・シベリアの森林、中南米・ボルネオ・アフリカの熱帯雨林を撮影する。
1991年に写真集『日本の原生林』(岩波書店)で日本写真協会年度賞、1994年に写真集『HIMALAYA』(講談社)で講談社出版文化賞、1999年に写真集『森林列島』で土門拳賞、写真集『知床 残された原始』(岩波書店)で2008年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
最近の写真集は『わたしの山の博物誌』(2009年新潮社)、『熱帯の氷河』(2009年山と渓谷社)。写真展は「大地への想い」(東京都写真美術館、2007年)、「HIMALAYA BIANCO E NERO」(イタリア国立トリノ山岳博物館、2003年)など内外で多数開催。
現在は温暖化により後退する世界の氷河、地球をとりまく生態系など、環境問題をテーマとして撮影を続けている。

 

題 字:玄侑 宗久氏

プロフィール
1956(昭和31)年、福島県三春町生れ。慶應義塾大学中国文学科卒。様々な仕事を経験した後、京都の天龍寺専門道場に入門。現在は臨済宗妙心寺派の福聚寺住職。
デビュー作「水の舳先」が芥川賞候補となり、2001(平成13)年、「中陰の花」で芥川賞を受賞。
著書に小説として『アブラクサスの祭』『化蝶散華』『御開帳綺譚』『アミターバー無量光明』『リーラ神の庭の遊戯』『龍の棲む家』『テルちゃん』『阿修羅』『四雁川流景』『光の山』『竹林精舎』など。
他に仏教や禅にまつわる『私だけの仏教』『まわりみち極楽論』『禅的生活』『多生の縁』『釈迦に説法』『禅語遊心』『現代語訳 般若心経』『禅のいろは』『荘子と遊ぶ』『無常という力』など著書多数。


 

お問い合わせ先
(株)三春まちづくり公社 観光部
TEL: 0247-62-3690
FAX: 0247-62-3698

Recent Entry最新の記事

Recomendedもっと三春が好きになる!観光お役立ち情報