Find!三春

桜と歴史と文化の城下町
外国語への対応について
三春まちづくり公社
観る・体験する

太陽神と農耕神を祀る神社 秋には三春大神宮祭礼がおこなわれます

三春大神宮
三春大神宮
みはるだいじんぐう
更新日: 2017.10.23

三春大神宮 元禄2年(1689)に3代藩主秋田輝季が貝山岩田より神明宮として現在の神垣山へ移し、「シンメサマ」と呼ばれます。秋田家重臣たちが奉納した絵馬が多数あるほか、境内には2代目徳田研山の監修により伊東光運が作成した白馬像があります。また、町指定天然記念物のモミをはじめ、23本の木々が「三春大神宮の森」として福島県緑の文化財に登録されています。10月の「体育の日」の前の土・日曜日が祭日で、旧三春町内全域を神輿渡御に伴い、長獅子舞や各地区の山車や神輿が巡ります。

施設名称
三春大神宮
所在地
福島県田村郡三春町字馬場241
駐車場
有り

Recent Entry最新の記事

Recomendedもっと三春が好きになる!観光お役立ち情報